業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォーム株式会社

製品資料

ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォーム株式会社

IoT通信サービス事業者選び、費用対効果以外に見落とせない要素とは?

IoT事業において、パートナーとなる通信サービス事業者は容易に乗り換えできるものではない。費用対効果はもちろん、「将来性」も重視し、多数のモバイル回線を効率的に管理できるかどうかも評価しながら選定する必要がある。

コンテンツ情報
公開日 2021/07/27 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 722KB
要約
 IoT事業においてパートナーとなる通信サービス事業者を選ぶ際、現在の提供価格以外にも見落とせないのが「将来性」だ。IoT機器は通信モジュールとSIMを組み立て工程で搭載することが一般的で、事業者の乗り換えが容易ではないため、今後激化が予想される価格競争に強いかどうかという観点に加え、多数のモバイル回線を管理しやすいかといったサービス内容でも評価することが重要になる。

 こうしたニーズを受け、近年ではユーザーの利便性を意識した事業者も増えている。例えば、本資料で紹介するサービスでは、「ユーザー用の管理コンソール」を提供。同サービスのサイトから管理コンソールにログインすることでSIM発注やアクティベーション/停止、プラン変更やオプション適用などを設定可能で、地域やロットなどの区分でSIMをグループ化して効率的に管理できる。

 この他にも通信量や課金額などの契約中のサービスについて分かりやすく表示するダッシュボードや、専門用語の解説、問い合わせフォームといったさまざまな情報提供を行っている点もポイントだ。事業での使いやすさを追求した同サービスの詳細を、本資料で確認してほしい。