業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

アナログ・デバイセズ株式会社

技術文書

アナログ・デバイセズ株式会社

10BASE-T1L MAC-PHYが実現する低消費電力プロセッサのイーサネット接続の簡素化

産業用イーサネット向けの新規格10BASE-T1L の制御層(MAC)と物理層(PHY)を統合するIC、10BASE-T1L MAC-PHYのメリットとは?10BASE-T1L PHYとの使い分けや、イーサネット接続で実現する将来の製造設備の柔軟性も紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2021/07/30 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 929KB
要約
 イーサネットでつながるネットワークにデバイスを数多く接続したいというニーズは、プロセス・オートメーション、ファクトリ・オートメーション、ビル・オートメーションといったアプリケーションを中心に拡大し続けている。デバイスが接続されるほど、エネルギー効率、安全性、快適性を高めることが可能になる。

 本稿では、この産業用イーサネットの要となる10BASE-T1LのMAC層とPHY層の統合IC、10BASE-T1L MAC-PHYを使用して、低消費電力のフィールド・デバイスやエッジ・デバイスをイーサネット接続する方法や、PHY機能だけを備える10BASE-T1LPHYとの使い分けを解説する。