業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

アズビル株式会社

製品資料

アズビル株式会社

製造現場の流体制御、デジタルマスフローコントローラーの活用でどう変わる?

製造現場では流量制御の精度や応答性は、製品の品質や生産能力、コストに直結する。そこで注目されているのが、さまざまな現場の課題をスマートに解決する、新デジタルマスフローコントローラーだ。

コンテンツ情報
公開日 2021/08/24 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 10ページ ファイルサイズ 1.4MB
要約
 製造現場にとって、ガス流量制御の精度や応答性は、製品の品質や生産性に直結する重要な要素だ。例えば、浸炭炉ではエンリッチガスの流量制御性が炉内のCP値安定に不可欠だが、従来のモーターバルブでは不感帯が大きく、「CP値の制御が安定しない」という声は多く聞かれる。

 また生体医薬の製造においては、培養条件が厳格になるに伴い校正対象の流量計が増えている。しかし、流量計の流量調整はメーカーに送る必要があり、その費用と納期が負担になっている。これらの課題に向き合ったのが新デジタルマスフローコントローラー(一般工業市場向けデジタルマスフローコントローラー)だ。

 本コンテンツでは、「高速応答」「低圧損」「高精度」「視認性」という4つの特長を持つデジタルマスフローコントローラー製品について詳しく紹介する。工業炉・燃焼炉、薬品・医療、機械・金属加工、L/T・環境、電気電子など、さまざまな現場が抱える課題をいかに解決するのか、ぜひ確認してほしい。