業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

Dataiku

レポート

Dataiku

期待値と裏腹に低調なサプライチェーン業界のAI活用、最適な導入方法は?

AI導入の影響が特に大きな分野として、サプライチェーンと製造業が挙げられる。しかし、現実には課題が多く、その採用率は決して高くない。AI導入を成功させるために、サプライチェーン企業は何に取り組めばよいのだろうか。

コンテンツ情報
公開日 2021/10/08 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 20ページ ファイルサイズ 1.26MB
要約
 さまざまな業界でAIの採用が進み、ビジネスの変革に成功した組織も登場し始めた。中でもAIによる影響が大きいとみられている分野がサプライチェーンと製造業だ。マッキンゼーがAIの影響を1.2~2兆ドルと見積もるほど高い期待が寄せられているが、現実にはサプライチェーン産業におけるAIの採用率は高くない。

 この背景として挙げられるのが、この業界だけでなく、世界的にAI人材が不足していることだ。さらに現状ではサプライチェーンのエコシステムに活用できるデータが不足しており、プロセスを見直す必要もある。また、データの断片化を回避し、適切なインサイトを導くために、多様なソースからのデータを簡単に組み合わせることができ、一定の透明度を提供できるようなテクノロジーを採用することも重要だ。

 本資料では、こうした課題を整理するとともに、サプライチェーンがAI導入を成功させるための3つのステップを紹介している。スマートファクトリー化やバーチャルアシスタントによる顧客対応、フリート管理などのユースケース、成功事例も紹介しており、AI導入を検討する組織にとってガイドブックとなる内容だ。