業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

日本Rimini Street株式会社

レポート

日本Rimini Street株式会社

【eBook】調査で見えたSAPユーザーの動向:ECC6保守終了にどう対応すべきか?

SAP ECC6の保守終了を控え、多くのSAPユーザーはSAP S/4HANAへの移行と独自のビジネス主導型ロードマップのはざまにいる。他のSAPユーザーがどのように対応するのか、調査結果から見えてくる動向は、自社の対応の決定に役立つだろう。

コンテンツ情報
公開日 2021/10/12 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 16ページ ファイルサイズ 11.2MB
要約
 SAP ECC6およびSAP Business Suite 7コアアプリケーションリリースのメインストリーム保守の終了が近づいている。まだ成熟していないSAP S/4HANAプラットフォームへの移行が推奨される状況下で、SAPユーザーはサポート終了期限を考慮してすぐに移行するか、時間をかけて自社のニーズに最適なロードマップと次世代システムを柔軟に選択するか、その決定を迫られている。

 そこで参考にしたいのが、SAPユーザー企業の動向だ。本資料は、SAPアプリケーション戦略やSAP S/4HANAへの移行予定、SAP ECC6メインストリーム保守終了日のロードマップ計画への影響などについて、SAPユーザーを対象に2019年に実施した調査レポートである。

 6項目の詳細な調査から見えてきたのは、SAPによるサポート終了という束縛から離れ、自社のビジネス目標に基づき設計されたビジネス主導型ロードマップを選択することで、ITロードマップの主導権を握る道を選ぶユーザーが多いという点だ。こうした中でDXを推進していくには、既存のコストを削減し、IT予算を最適化する革新的な方法を模索する必要がある。その実現方法と、調査結果の詳細を本資料で確認してほしい。