業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

日本Rimini Street株式会社

Webキャスト

日本Rimini Street株式会社

【動画】保守コストを大幅削減、DXを実現する“攻め”のITロードマップ策定術

国内企業の優先事項にDXが上がる一方、既存システムの維持・改善にリソースを取られ、デジタル技術への「再投資」がおろそかになるケースが多い。カルビーが実現したイノベーション事例を交え、ITコストを最適化する方法を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2021/10/12 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 21分57秒 ファイルサイズ -
要約
 DXが国内企業における優先事項となり、CFO(最高財務責任者)の88%が大きな危機感を持って取り組む一方で、デジタル化そのものはグローバルと比較して2年の遅れといわれている。その背景にあるのが、ITコストの優先度に関連する問題だ。海外では運用効率やCX向上など競争力強化を重視する一方、国内企業ではERPの更新や改善などを優先する傾向にあるという。

 こうした既存システムのコストを削減し、新しいものへの「再投資」を実現するにあたり、支持を拡大しているのが「第三者保守サービス」だ。例えばSAP R/3からSAP ECC 6.0へ再構築したカルビーでは同サービスの利用により、過去20年間の売り上げと当時の事実を掛け合わせた「デジタル年表」や、文字認識の導入による製品チェックの自動化などを実現している。

 本動画ではこのような事例を交えて、DXを実現するためのITロードマップについて解説する。併せて、カルビーが利用している第三者保守サービスについても紹介。同サービスではAIなどを活用し、対応エンジニア選出の自動化による迅速な問題解決や、高品質な支援が可能だという。IT投資のあるべき姿を本動画にて確認してほしい。