業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

LivePerson Japan株式会社

事例

LivePerson Japan株式会社

オフラインとオンラインをシームレスに融合、「QRコード」の4つの活用法とは?

コロナ禍の影響により、オフラインとオンラインをシームレスにつなぐ方法として、QRコードの導入が進んでいる。2020年以降の主な活用事例を基に、パーソナライゼーションを強化し、直感的で自然な体験を顧客に提供するヒントを探る。

コンテンツ情報
公開日 2022/03/08 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 2.12MB
要約
 コロナ禍の影響により、オフラインとオンラインをシームレスにつなぐ方法として、QRコードの導入が進んでいる。これにより企業は、安全かつシンプルな顧客体験を通じて売り上げの維持・向上を図ることが可能になる。この動きはコロナ禍終息後も定着するとみられており、現在もさまざまな場面で利用が拡大している。

 例えばリアル店舗では、商品のタグに付いたQRコードから顧客をバーチャルサポートに誘導し、パーソナライズされたサービスを提供している。また飲食店では、QRコードによる会話型注文システムを導入することで、感染症対策だけでなく、大幅な業務効率化を実現。さらに、独自のカンバセーショナルコンシェルジュを導入し、ホテルの各所に配置したQRコードから簡単にデジタルサービスにアクセスできる仕組みを構築したケースもある。

 本資料では、2020年以降におけるQRコードの活用事例を4つ紹介する。パーソナライゼーションを強化し、直感的で自然な体験を顧客に提供するヒントが多数掲載されているので、ぜひ目を通してほしい。