業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

エンドレスハウザー ジャパン株式会社

製品資料

エンドレスハウザー ジャパン株式会社

困難だった移動式タンクの残量の可視化、IoTセンサーならどう実現できるか

移動式タンクなどに原材料を保管・管理している企業では、タンク残量は目視で行うのが一般的だ。遠隔監視できれば、より効率的な供給が可能になるが、設置や配線工事などの問題が立ちはだかる。IoTセンサーはこの壁をどう乗り越えるのか。

コンテンツ情報
公開日 2022/06/14 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 10ページ ファイルサイズ 3.35MB
要約
 移動式タンクのリモート監視が難しいのは、タンク交換時にセンサーや配線の再設置が必要になるからだ。タンクが移動するたびに配線を取り外す必要があり、そもそも配線を引くために工事も必要となる。こうした状況から残量チェックは目視で行われ、原材料が不足しないように、余分に原材料を手配するといったことが従来の常識だった。

 この問題の解決策として浮上したのが、IoTレーダーレベル計だ。測定点の監視や在槽管理などのクラウドサービスと無線接続させることで簡単に可視化できる。電池駆動で配線は不要の上、タンクへの穴開け加工などもなく簡単に設置できる点も魅力だ。

 定期的にユーザーを訪問して原材料を補充、あるいは容器回収後に原材料を補充して、再度供給するなどしているサプライヤーをはじめ、これらの容器を管理している流通業者、ユーザーなど、移動式タンクを利用しているさまざまな組織にとってDX推進のきっかけにもなるだろう。本資料では、この画期的なレーダーレベル計の特長をさらに詳しく紹介する。