業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

日本オラクル株式会社

製品資料

日本オラクル株式会社

環境・社会・ガバナンスに関する課題にどう取り組む? 計画と報告の要件とは

企業に対する社会からの期待、責任が多様化する今の時代。ESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みが必要不可欠なものとなってきた。ESGに関する課題を軽視することのリスクや、適切な計画・報告を行うために必要な要素を見ていく。

コンテンツ情報
公開日 2022/06/23 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 2.59MB
要約
 世界的にESG(環境・社会・ガバナンス)への注目度が高まる中、コロナ下でその重要性がますます高まり、ESGの取り組み強化に舵を切った企業は多いだろう。ESGの課題を軽視していては、企業評価の低下や投資家の企業離れといったリスクを回避することができず、企業経営にさまざまな影響を与えてしまうためだ。

 しかし、ESGの重要性を理解していても、男女間の賃金格差やサプライチェーン全体の二酸化炭素排出量など、多方面から計画・報告する必要があり、その推進は容易ではない。効果的な計画を立て、正確な報告を行うには、例えば組織全体からデータを収集し、組織全体でKPIの統合・集計を行う、成果を分析してビジネスへの影響に関するインサイトを獲得するといったポイントを押さえながら進めていくことが不可欠だ。

 本資料では、ESGの計画・報告を適切かつ効果的に行うためのベストプラクティスと、それをサポートするソリューションを紹介する。ESGに関する課題を軽視することのリスクも詳しく解説しているので、ぜひ確認してほしい。