業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

スペクトリス株式会社

製品資料

スペクトリス株式会社

車載バッテリーの検証に不可欠な電磁加振機、厳しい試験水準に対応するには?

カーボンニュートラル社会実現に向け、自動車の電動化が加速している。その中で特に重要な試験対象はバッテリーだ。その試験水準は年々厳格化しており、振動・衝撃対策の効率的な検証が課題である。そこで注目される電磁加振機を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2022/07/01 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 745KB
要約
車載バッテリーの検証に不可欠な電磁加振機、厳しい試験水準に対応するには?
 自動車業界では電動化に向けた動きが加速している。電動化にはさまざまな課題が存在するが、中でも大きな課題の1つがバッテリーの振動・衝撃対策だ。バッテリーには高度な信頼性が求められ、振動・衝撃試験も年々厳格化。従来の落下試験だけでは十分に検証しきれないために、多彩な振動・衝撃試験に対応できる電磁加振機の必要性が高まっている。

 その選定においては基本的な性能指標に加えて、転倒耐性モーメント、クロストークの2つの要素に注目すべきだ。見落とされがちな要素だが、いずれも重要性が高く、機種による差が大きい。特に転倒耐性モーメントは、加振機の破損しやすさにもつながるため、注意したい。

 本資料では、それら2つの指標に優れており、3tクラスでありながら上位クラスに匹敵する最大140.0kNもの衝撃加振性能を有する振動試験システムを紹介している。パワーアンプの最適化により加振力を大きく向上させ、アーマチュアにマグネシウム合金を採用してより大きな加速度の発生も実現しているという。従来との違いを詳しく見ていこう。