業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

アヴネット株式会社

Webキャスト

アヴネット株式会社

I/O高速化と熱問題を同時に解決、IoTを加速させる次世代コネクターとは?

400ギガビットイーサネットなどのネットワーク高速化に伴い、I/Oコネクターポート高密度化や、オプティカルデバイスによる発熱量の増加といった、新たな課題が浮上してきている。これを解決する、2つのソリューションとは?

コンテンツ情報
公開日 2022/10/21 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 25分1秒 ファイルサイズ -
要約
 IoTや5G、AIなどの普及に伴い、データ伝送に欠かせない通信用I/0コネクターの重要性が高まっている。一方、近年は400ギガビットイーサネットなどのネットワーク高速化に伴い、I/Oコネクターポート高密度化や、オプティカルデバイスによる発熱量の増加といった、新たな課題が浮上してきている。

 そこで注目したい、2つのソリューションがある。1つ目は、各種高速通信規格に準拠したPluggable I/O製品だ。シールド効果の高いICCソリューションとして、Board to Wireにより高速通信を実現する。そしてもう1つがThermal Bridgeで、I/O Cageと放熱対象物間の接触面積が広く、放熱性が非常に高い点が特長となる。

 これらを活用することで、I/O高速化と熱問題の同時解決に加え、システムコストの低減やノイズ対策など、さまざまな効果が期待できるという。本Webキャストでは、実際のサーバストレージ装置の内部構造の紹介も交えながら、これらのソリューションの実力を詳しく探っていく。