業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

ダッソー・システムズ株式会社

講演資料

ダッソー・システムズ株式会社

化学製品の設計開発サイクルを加速、溶液中での分子の特性を予測する方法とは

塗料や肥料、香料、農薬、製薬といった、さまざまな化学製品の開発、設計の現場で今、注目されているのが、熱力学理論の1つである「COSMO-RS法」だ。この理論の概要とともに、幾つかのユースケースを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2022/12/05 フォーマット PDF 種類

講演資料

ページ数・視聴時間 45ページ ファイルサイズ 4.15MB
要約
化学製品の設計開発サイクルを加速、溶液中での分子の特性を予測する方法とは
 塗料や肥料、香料、農薬、製薬といった、われわれにとって身近なさまざまな化学製品。これらの開発、設計の現場で今、注目されているのが、熱力学的理論の1つである「COSMO-RS法」だ。COSMO-RS法は、量子化学計算で得られる分子の表面電荷情報と分子統計力学に基づき、さまざまな平衡熱力学を算出することを目的としている。

 例えば、溶液に含まれる異なる分子、物質同士が混合するかどうか、反応するかどうかといった、自由エネルギー(溶液中の分子の化学ポテンシャル)の動きを予測するのに用いられる理論がCOSMO-RS法である。これにより、分子の溶解度や蒸気圧、活性などの物理的特性が決定されるのだ。

 本コンテンツでは、COSMO-RS法の基本的な概念とともに、その理論の詳細について解説する。さらに、COSMO-RS法に基づく熱力学特性の予測プロセスの確度を高めつつ合理化し、化学製品の設計開発サイクルを加速することが期待されるソリューションと、そのユースケースも紹介するので参考にしてほしい。