業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

Moxa Japan合同会社

Webキャスト

Moxa Japan合同会社

製造業システム/ネットワークを大きく変更せず、セキュリティ強化は可能なのか

製造業DXの波はさまざまなメリットとともに、制御システムへのセキュリティ懸念も生じさせた。ただ、生産ラインへの影響を考えれば、セキュリティ強化のために全面的にシステムを入れ替えることも難しい。解決策はないものか。

コンテンツ情報
公開日 2022/12/07 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 24分44秒 ファイルサイズ -
要約
 製造業にもDXの波が押し寄せ、工場のスマート化などが推進されることになった。これにより生産効率の大幅な向上など、さまざまなメリットがもたらされた一方で、PLCや各種コンピュータといった一連の制御システムがネットワークにつながり、サイバー攻撃の標的になるリスクも高まっている。

 しかし、セキュリティ対策のためにシステムを大幅に刷新するとなると、生産ラインへの影響が大きい。加えて、現場では古いバージョンのOSがいまだに稼働しているというケースも多く、潜在的な多数の脆弱性に対応しなければならない状況も、製造業を悩ませている。

 そこで「手軽なセキュリティで資産を保護できないか」と検討する製造業に向けて開発されたのが、データパケットを深く解析するテクノロジーや古いOSを守るためのバーチャルパッチ機能を備えた産業用IPSデバイスだ。制御盤の限られたスペースにも取り付けやすい小型サイズなのも強みで、現場の課題にフィットする選択肢となっている。Webキャストで、その小ささや機能をさらに詳しく紹介する。