業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

アメテック株式会社

レポート

アメテック株式会社

生産ラインでの測定精度に多数の課題、動的参照はゲームチェンジャーとなれるか

生産現場には正確な測定器が欠かせないが、常に発生する振動、温度・湿度の変化、使用者の経験などが課題となってきた。その解決策として注目されるダイナミックレファレンシング(動的参照)は、従来の手法をどれだけ上回るのか。

コンテンツ情報
公開日 2022/12/09 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 902KB
要約
生産ラインでの測定精度に多数の課題、動的参照はゲームチェンジャーとなれるか
 1990年代に開発されたアーム型携帯式測定機と、その後間もなく登場したレーザートラッカーにより、産業界における検査方法は劇的に変化し、生産ライン現場で、かつ対象物に近い場所での検査が行えるようになった。一方で、生産設備で常に発生する振動やセットアップの難しさ、温度・湿度の変化、使用者の経験・技能のばらつきなど、測定精度に関わる課題もまだ少なくない。

 そこで解決策として注目されているのが、光学式座標測定器(CMM)を使ったダイナミックレファレンシング(動的参照)だ。比較実験を行ったところ、振動のある環境では多関節アーム型と比べて高い優位性を持つことに加え、技術的な習熟度や測定時のセットアップが適切でない場合など、ヒューマンエラーの抑制においても有効性が確認されている。

 本資料ではこうしたデータを基に、従来のアーム型3次元測定機とポータブル3Dスキャナーの違いを明らかにしている。新たな計測手段は、計測ラボにおける専門の計測エンジニアの不足や、アーム型で問題となる作業現場での3次元測定精度の低下などを解消し、製造プロセスにおけるDXを推進するためのゲームチェンジャーとなれるだろうか。