業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

Moxa Japan合同会社

Webキャスト

Moxa Japan合同会社

設備機器のネットワーク接続で顕在化、IPアドレスの重複/不足をどう解決する?

設備機器をネットワーク接続するニーズが高まっているが、その際にしばしば直面するのが、IPアドレスの重複や不足といった問題だ。ネットワークそのものに大規模な改修を加えず、この問題を解決する方法について解説する。

コンテンツ情報
公開日 2023/02/03 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 30分22秒 ファイルサイズ -
要約
 産業界においてデジタル化が進んだことで、工場でのIoT活用やビルディング設備のオートメーションなど、さまざまな場面で設備機器のネットワーク接続が必要になってきた。しかしこうした状況はIPアドレスの重複や不足という事態を招きやすく、ビジネスの成長を減速させる一因にもなっている。

 この「IPアドレス問題」を解決する役割を担うのが、NAT(Network Address Translation)だ。これは設備機器などのネットワークとコントロールセンターなどメインのネットワークとの通信においてIPアドレスを自動変換してくれる技術で、これにより既存のネットワークを大規模改修することなくIPアドレスの重複・不足といった問題を一掃できるようになる。

 本動画では、このNATによってIPアドレス問題が解決される仕組みを、図解を用いつつ分かりやすく解説している。併せて、手のひらサイズで制御盤などへの取り付けがしやすく、3ステップで簡単に設定できるNAT製品も紹介しているので、参考にしてほしい。