業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

株式会社ソラコム

製品資料

株式会社ソラコム

IoTデータ収集におけるクラウド連携の考え方とコツを探る

膨大なIoTデータから最大限の価値を引き出すためには、クラウドの活用が不可欠だ。しかし、「どのサービスを選べばよいのか分からない」「セキュリティの不安がある」といった声も依然として多い。取り組み方のヒントを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2023/02/07 フォーマット URL 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 70分17秒(4本の合計) ファイルサイズ -
要約
 モノやコトをデジタル化し、現場に行かなくてもデータ収集や機器の制御を可能にする技術であるIoT。現在ではガスや電気などの社会インフラ企業の設備監視をはじめ、マンションのオートロック遠隔管理、子どもの見守りサービス、商業施設のAIカメラやインフォメーションロボットなど、社会のあらゆる領域に浸透しつつある。

 では、IoT基盤を、どこに、どのように構築すべきだろうか。日々生成される膨大なデータを効率的に収集し、AIや機械学習などに活用するための場として、現状の最適解と目されているのがクラウドだろう。中でも、スモールスタートでき、何度でも試行を繰り返せるマネージド型のSaaSは、特にスピードを求められる開発に向いている。

 本コンテンツは、「IoT基盤としてどのクラウドサービスを選べばよいのか分からない」「IoTデータをSaaSに連携させる方法を知りたい」「クラウドにはセキュリティ面での不安がある」と考えるユーザー向けのIoT入門セミナーだ。IoTの基本からアーキテクチャ選択の勘所まで、事例やデモンストレーションを交えて実践的に紹介する。