業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

Moxa Japan合同会社

技術文書

Moxa Japan合同会社

FAのネットワークセキュリティを向上、エンジニアが知るべきポイントとは?

産業用制御システム(ICS)もサイバー攻撃に狙われることが珍しくなくなった今、製造業ではファクトリーオートメーション(FA)領域におけるセキュリティの強化が課題となっている。その具体的な方法を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2023/02/20 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 19ページ ファイルサイズ 2.4MB
要約
FAのネットワークセキュリティを向上、エンジニアが知るべきポイントとは?
 IT/OTネットワークの融合は、産業用制御システム(ICS)エンジニアにとって、デバイスのリモート監視/制御を可能にするなど、多くのメリットをもたらした。一方、産業用デバイスをインターネットに接続すると、サイバー攻撃を受けるリスクが高まり、OTシステムがハッキングされる例も増えている。

 こうしたリスクに対応するには、まずファクトリーオートメーション(FA)に関する課題を洗い出しておきたい。接続デバイス数の増加によるネットワークの管理問題、ランサムウェア攻撃の進化といった点はもちろん、前提としてIT/OTの違いも理解しておく必要がある。その上で、産業用制御システムセキュリティにおける国際標準であるIEC 62443に従ってセキュリティ対策を実装していくことが有効だ。

 本資料では、OTサイバーセキュリティのトレンドや、FAにおける新たな課題、ITとOTの違いを解説した上で、IEC 62443規格のICSへの適用方法や、ICSのネットワーク保護を実装する方法を具体的に紹介する。また、FAにおける2つのケーススタディーを通して、実際に実践されたネットワークセキュリティ強化戦略も公開しているので、参考にしてほしい。