業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア

Webキャスト

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア

“設計起点”の製造DXの始め方:製造と検査の現場でも3Dデータ活用を進めるには

設計の現場には3D CADツールが浸透し、3Dによるやりとりが当たり前になりつつある。一方で製造や検査の現場では、いまだに図面ベース、紙ベースでの作業が多く残っており、このギャップを早急に解消する必要に迫られている。

コンテンツ情報
公開日 2023/03/27 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 21分3秒 ファイルサイズ -
要約
 従来の非合理的な製品設計、製造プロセスから脱却すべく、多くのメーカーがデジタル化を推進している。実際に設計の現場には3D CADツールが浸透し、3Dデータを中心とした業務が当たり前になりつつある。しかし、製造や検査といった設計以外のプロセスを見ると、3Dデータの活用が進んでおらず、デジタル化が順調だとは言いにくいのが現状だ。

 設計プロセスで作られた3Dデータの多くが日の目を見ることなく、製造検査の現場では図面ベース、紙ベースの作業が常態化するなど、結果として設計現場とのコミュニケーションが阻害される要因となっている。このギャップを解消するには、従来の図面中心、モデル中心の製造/検査プロセスから、PMIを含む3Dデータを中心とするモデルベース定義(MBD)へと現場を進化させる必要がある。

 本コンテンツでは、現場プロセスのMBDへの進化を妨げる要因として、進化の過程で避けられない工数増への懸念を挙げている。併せて、実作業における手間を削減しながら、工数増を回避し、MBD、さらにはモデルベースエンタープライズ(MBE)への進化を後押しするソリューションを、デモを交えて紹介する。