業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

NCDC株式会社

レポート

NCDC株式会社

建設現場におけるデータ管理・共有の課題、IoTやクラウド活用でどう解消する?

従来、土木工事や建築工事の現場では、そこで得られるデータの正確かつ迅速な管理・共有が困難とされてきた。しかし近年は、テクノロジーを活用したプロセス変革が可能となっている。データ活用を軸とした建設業界DXの進め方を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2023/04/24 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 2.46MB
要約
建設現場におけるデータ管理・共有の課題、IoTやクラウド活用でどう解消する?
 あらゆる業界でDXの推進が求められる中、建設業界においてもさまざまな試みが行われている。しかし、土木工事や建設現場に目を向けると、1つの現場にゼネコンから各種専門施工業者まで多数の人が関与しているため、施工管理に必要なデータを正確かつ迅速に共有するのが難しいという課題があるようだ。

 現場のデータをリアルタイムで共有できれば、遠隔施工管理をはじめとした人手不足・長時間労働対策の施策も容易になるため、「現場データの活用」を軸においたDXの取り組みが注目されている。多くの事業者・人が関与する現場で、多様なデータを正確かつ迅速に記録し、共有するには、IoTやクラウドなどのテクノロジーの導入を進めてDXの土台を整備していくことが必須といえよう。

 本資料では、建設DXの進め方について、データ活用の観点から事例も交え詳しく見ていく。自社内だけでなく事業者間をまたいだ情報共有ができれば、「施工管理者の負担軽減」はもちろん、「人の手による恣意(しい)的なデータ偽装の防止」にも役立つ。併せて、現場のデータをリアルタイムに共有できるIoTプラットフォームも紹介しているので、本資料を参考にDXに取り組んでほしい。