業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

ソリッドワークス・ジャパン株式会社

レポート

ソリッドワークス・ジャパン株式会社

工業デザインにおける「付加価値のない作業」を減らす7つのベストプラクティス

高品質な工業デザインで製品を魅力的に見せることは、ビジネスの推進に不可欠な取り組みとなっている。しかし、付加価値のない作業に時間を取られている工業デザイナーは多く、競争力のある製品を迅速に開発できていないのが実情だ。

コンテンツ情報
公開日 2023/04/27 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 17ページ ファイルサイズ 2.71MB
要約
工業デザインにおける「付加価値のない作業」を減らす7つのベストプラクティス
 ある調査によると、コンセプトデザインと工業デザインにもっと時間をかけられれば、製品が良くなると回答しているメーカーは76%にも上るという。しかし、工業デザイナーはプロセスの効率の悪さ、成果物の一からの作り直し、フィードバック収集の遅さといった課題を抱えており、これらは全て付加価値のない作業を生む原因となっている。このような状況では、競争力のある製品を開発することはできない。

 一方、製品開発を成功させている優良企業はその他の企業に比べて、付加価値のない作業を最小限に抑えている割合が64%高くなっている。また、95%は工業デザインと詳細設計の両方に単一のソリューションを使用しており、その再モデリングプロセスを高く評価していることも明らかになった。

 本資料では同調査の結果を交えながら、工業デザインのどの部分で無駄な時間が発生しているのかを考察している。また、優良企業が付加価値のない作業を減らすために実践している7つのベストプラクティスについても解説しているので、ぜひ参考にしてほしい。