業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

株式会社ストラタシス・ジャパン

技術文書

株式会社ストラタシス・ジャパン

カーボンファイバー対応3Dプリンタで、治工具製作/製造現場はどれだけ変わる?

製造業の現場に必要不可欠な治工具。重くてコストもかかる金属製治工具に代わり、3Dプリンタで製作したカーボンファイバー治工具への注目度が高まっている。その製作ツールであるカーボンファイバー対応3Dプリンタの実力を見ていく。

コンテンツ情報
公開日 2023/04/28 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 13ページ ファイルサイズ 3.05MB
要約
カーボンファイバー対応3Dプリンタで、治工具製作/製造現場はどれだけ変わる?
 近年、製造現場をはじめさまざまなシーンで活用されている「3Dプリンタ」。開発・製作期間の短縮や設計調整の迅速化、コスト削減など多くのメリットが期待できることから、市場規模のさらなる拡大が見込まれている。

 この3Dプリンタは、製品の生産工程に欠かせない治工具製作の領域でも注目されているが、中でも注目度が高まっているのがカーボンファイバー対応の3Dプリンタだ。軽くて強いカーボンファイバーの特性を生かすことで、金属製の治工具を樹脂に置き換えることが可能になり、軽量化、安全性の確保、作業効率の向上などのメリットが得られる。強度はそのままに軽量化されることで、製造の現場におけるさまざまな課題に対するソリューションとして期待されている。

 本資料では、治工具製作におけるカーボンファイバー対応3Dプリンタの有効性を詳しく解説するとともに、3種類のカーボンファイバー材料をピックアップし、その特性や使用例を紹介する。自社ではどのように活用できるのか、イメージしながら読み進めていただきたい。