業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

株式会社ハイエレコン

製品資料

株式会社ハイエレコン

紙ベースの計量管理から脱却して人的ミスを防止、QRコードの新たな活用方法

計量/配合工程を紙で管理する製造業は今も多いが、複雑化に伴いデジタル化を望む企業が増えている。そこで注目したいのが、原料/素材のQRコード管理を低コストで実現するソリューションだ。その実力を、分かりやすく紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2023/06/14 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 580KB
要約
紙ベースの計量管理から脱却して人的ミスを防止、QRコードの新たな活用方法
 製造業では、原料や素材選び、計量、配合という工程が業務に含まれることが多いが、安全確保に対するニーズの高まり、トレーサビリティーの重視といった背景により、原料/素材や作業工程が複雑化し、紙での管理が限界を迎えている。とはいえ、計量工程をデジタル化できるシステムは大規模事業者向けのものが多く、導入/活用コストが採用の障壁となるケースは多い。

 そこで注目したいのが、原料/素材のQRコード管理を、低コストで実現するソリューションだ。原料や素材の入荷時に重量や期限などのデータを入力するとQRコードとして出力されるため、パッケージに貼り付けておけば、使用時に読み取るだけで手元のデバイスから確認可能。また、計量器に取り付けたセンサーを社内ネットワークと接続すれば、計量記録をリアルタイムに残すこともできる。

 さらに、期限切れの原料を使おうとした場合に警告を発したり、各工程で作業ログを残したりすることもできるなど、豊富な機能を備えており、業務改善に大いに役立つことだろう。本資料では、同ソリューションの機能や特長について、事例を交えて詳しく解説する。