業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

シーメンス株式会社

Webキャスト

シーメンス株式会社

生産性や船舶性能を向上、統合された船舶設計プロセスへの移行術

造船業界を取り巻く環境が大きく変化する現代においても、多くの造船会社はいまだに図面ベースの設計方法を採用し、領域ごとに異なる設計ツールを使用している。この状況のままでは、設計時間の長期化による納期の遅延を招きかねない。

コンテンツ情報
公開日 2023/06/27 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 49分26秒 ファイルサイズ -
要約
 ハイテク船舶への需要の高まりや、不確実性を増す世界経済など、造船業界を取り巻く環境は明らかに厳しいものになっている。こうした状況においても、革新的な船舶の開発とビジネスモデルの創造を従来よりも速いペースで実行できなければ、造船会社はたちまち競争優位性を失ってしまう。

 このような事態を回避するには、作業の完了と承認の後に次の設計プロセスが開始される「逐次型ワークフロー」から、複数のプロセスを同時に実行可能な「統合ワークフロー」へと移行する必要がある。これにより、設計プロセスの早い段階でのシミュレーション駆動設計が可能となり、生産性の向上、船舶性能の継続的な向上、コストの削減などを実現できるようになる。

 本オンデマンドウェビナーでは、船殻や艤装(ぎそう)、配管、電気など、さまざまな分野において単一の統合船舶設計環境を実現するソリューションを紹介する。これを活用すれば、設計初期段階で設計変更が生じても、関連モデルに迅速に変更を反映できる他、詳細設計での正確なモデル定義、製造情報や図面などの迅速な作成も可能になる。