業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

ダッソー・システムズ株式会社

技術文書

ダッソー・システムズ株式会社

MBSEのベストプラクティス/手引書──製品設計・開発部門はいかに実践すべきか

複雑な製品の開発を効率化するための手法であるMBSE。「システムエンジニアリングの拡張形態」と評されながらも、モデリングプロセスについて示された日本語の資料は多くはない。

コンテンツ情報
公開日 2023/11/28 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 447ページ ファイルサイズ 15.9MB
要約
MBSEのベストプラクティス/手引書──製品設計・開発部門はいかに実践すべきか
 MBSE(Model-Based Systems Engineering)は、複雑なシステムの開発において取り組むシステムズエンジニアリング手法をモデルベースで実行するもので、システムモデルや、妥当性などを定量的に検証するシミュレーションモデルなどを用いて、製品の複雑さにかかわらず、その設計開発プロセスを効率化する手法だ。MBSEを採り入れることで、一連の設計開発プロセスは可視化され、より多くのステークホルダーと情報共有できるようになる。

 これにより手戻りを減らして開発スピードを向上できるほか、ミッションクリティカルな製品の要件であるトレーサビリティーの確保も容易になる。

 そこで本資料では、MBSEを実践するための指針やフレームワークを確立すべく、長年この手法に取り組んできたスペシャリストによる知見がまとめられている。MBSEの参考書として役立ててほしい。