業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

シュナイダーエレクトリックホールディングス株式会社

レポート

シュナイダーエレクトリックホールディングス株式会社

エッジコンピューティングに不可欠なUPSの課題を解決、革新的な3つの技術とは?

IoT時代となって急速に広まったエッジコンピューティング。これらのシステムの運用と安全を考える上では、適切なUPSを検討することが重要だ。しかし従来型UPSには、複数の課題が指摘されている。この解決策を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2024/01/16 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 32ページ ファイルサイズ 6.01MB
要約
エッジコンピューティングに不可欠なUPSの課題を解決、革新的な3つの技術とは?
 システムやサービスのIT運用が複雑化するにつれて、ローカルエッジコンピューティングを展開する企業は増加していく。この環境を安定的に稼働させて可用性を確保するためには、無停電電源装置(UPS)を適切に選ぶことが極めて重要だ。しかし従来型UPSは、フットプリントや重量、バッテリー交換の頻度といった課題を抱えており、導入の方法を間違えると財務的に大きな影響を及ぼす可能性がある。

 そのためUPSの選定は、エッジコンピューティングを展開するに当たって優先的に考えるべきポイントだ。本資料では、UPSがローカルエッジで直面する課題について説明した上で、課題に対処するための「ワイドバンドギャップ技術」「リチウムイオンバッテリー技術」などの3つの革新的なテクノロジーを取り上げ、それらの機能の仕組みと、具体的なメリットを解説する。

 さらに、これらの技術を用いた製品例や活用例に加えて、新しい技術を採用したUPSと従来型UPSを比べた総所有コスト(TCO)の分析にも言及している。エッジでのUPSの課題を解決に導く参考資料として、ぜひ参考にしてほしい。