業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

株式会社 日本HP

レポート

株式会社 日本HP

産業分野の企業へのデジタルツイン導入を成功に導くための5つのステップとは

インターネットを3Dへと進化させたメタバースは、ビジネスの現場にも浸透しており、製品設計やプロセス最適化などに活用されている。その主要アプリケーションの1つであるデジタルツインは、特に産業分野の企業から大きく注目されている。

コンテンツ情報
公開日 2024/01/23 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 940KB
要約
産業分野の企業へのデジタルツイン導入を成功に導くための5つのステップとは
 「メタバース」とは、インターネットを3Dへと進化させ、現実世界と仮想世界をつなげるネットワークのことだ。すでにメタバースアプリケーションは、ビジネスの現場にも浸透しており、3Dデジタル技術による製品や設備の設計/分析/各種ビジネスプロセスの最適化などに幅広く活用されている。

 中でも主要なメタバースアプリケーションの1つであるデジタルツインは、産業分野の企業にとって、これからの変革の時代に適応し、競争力を確保するために必須の技術として注目されている。デジタルツインは、現実世界のあらゆる要素/環境を仮想空間に正確に複製する技術で、物理的な試作品を必要とせずに、現実に即したシミュレーションを可能にするという。

 本資料では、産業分野の企業で導入が待望されている「デジタルツイン」について、その概要や、導入のメリットを改めて解説する。さらにデジタルツインの導入に向けて実践すべき5段階のロードマップを示すとともに、導入によって成功を収めた組織の事例も紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。