業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

ダッソー・システムズ株式会社

Webキャスト

ダッソー・システムズ株式会社

複雑化するESD対策を容易に、時間領域ソルバーで高速なESD過渡現象を解析

電子機器の設計においてESD(静電気放電)対策は不可欠だが、デバイスの進化が対策をこれまで以上に困難にしている。そこで注目したいのが、時間領域ソルバーで高速なESD過渡現象を解析できる、電磁界解析ソリューションだ。

コンテンツ情報
公開日 2024/02/01 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 15分32秒 ファイルサイズ -
要約
 電磁環境問題や長時間のバッテリー駆動を考慮した電子機器の設計において、最も重要な項目の1つがESD(静電気放電)対策だ。しかし、ICの小型化や低電圧動作、スイッチング速度の高速化といったデバイスの「進化」が加速したことで、ESD対策は複雑化してしまっているのが現状だ。

 この課題を解決するため、多くの企業で活用が広がっているのが、充実のソルバーラインアップであらゆる電磁界問題をカバーする、電磁界解析ソリューションだ。さまざまな文献にて妥当性が確認された高精度なESDガンモデルを使用した、ESD標準規格に基づくシミュレーションが可能で、電磁界解析と回路解析の連成解析も実現する。

 本Webキャストでは、簡単な操作で時間領域ソルバーによる接触放電の解析が実行できる様子を、デモ操作を交えて解説している。また気中放電におけるESDシミュレーションのワークフローの他、スマートフォンをモデルとした、より複雑な解析モデルへの適用イメージや、複数の企業における実際の活用事例なども紹介しているので、参考にしてほしい。