業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

株式会社日本ヴイアイグレイド

技術文書

株式会社日本ヴイアイグレイド

自動車開発を加速する、「ゼロプロトタイプ」に向けた取り組みとは?

自動車が発明されて以来、物理的な車両とコンポーネントによるプロトタイプのテストが車両開発の中心だったが、その手法は時代遅れになりつつある。本資料では、VI-gradeが推進するバーチャルテストによる「ゼロプロトタイプ」を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2024/02/28 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 18ページ ファイルサイズ 10.1MB
要約
自動車開発を加速する、「ゼロプロトタイプ」に向けた取り組みとは?
 自動車が発明されて以来、物理的な車両とコンポーネントによるプロトタイプのテストが車両開発の中心だったが、その存在や手法は時代遅れになりつつある。なぜなら、洗練されたソフトウェアやシミュレーションツールの著しい進化により、これらの必要性が急速に薄れてきたからだ。

 特に自動車業界はICE車(内燃自動車)からEV車(電気自動車)への急激なパラダイムシフトのさなかにあり、従来の設計開発から市場投入方法に至るまで全面的な見直しを迫られている。こうした状況の中で、環境に配慮された、安全かつ高性能な車両を他社に先駆けて市場に提供することが最重要課題となっている。そんなニーズにマッチするものとして注目されているのが、実機によるテストを「バーチャル」で実現する技術だ。

 本資料では、従来の物理的なプロトタイプに取って代わる「バーチャルプロトタイピング」や「デジタルツイン」といった技術がもたらす、コストや工数の削減にとどまらないメリットについて紹介する。ゼロプロトタイプ(試作レス)開発の現在地が理解できる、興味深い内容となっている。