業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

シーメンス株式会社

レポート

シーメンス株式会社

自動運転やEVにシフトする自動車業界、エンジニアリングの複雑化を解消するには

自動運転やスマート機能の進展、EVへのシフトなどにより、高度化・複雑化が加速する自動車業界。設計/調達/製造/サービスなど、領域の異なるチームの取り組みを調整するために、いま求められる手法とは?

コンテンツ情報
公開日 2024/02/27 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 13ページ ファイルサイズ 2.29MB
要約
自動運転やEVにシフトする自動車業界、エンジニアリングの複雑化を解消するには
 現在の自動車業界では、自動運転やスマート機能の進展、EVへのシフトなどにより、高度化・複雑化が進んでおり、それに伴ってエンジニアリングや設計上の課題が生じている。その1つが、設計/調達/製造/サービスなど、領域の異なるチームの取り組みを調整することだ。そこで、こうした状況を解消するためにPLM(製品ライフサイクル管理)の導入が進んでいる。

 しかし、数ある製品の中からどれを選べばよいのか分からないという企業は多い。中でも、「多額の初期投資がかかる」「運用負担が大きい」という理由から、オンプレミス型とクラウド型のPLMの導入に二の足を踏む企業は少なくないだろう。そこで昨今、注目されているのが「SaaS型PLM」だ。同製品は、初期導入コストが低い上に、永久ライセンスを購入せずに新しい機能を試すことができる“柔軟性の高さ”が魅力となる。

 本資料では、オンプレミス型とクラウド型のPLMが直面する課題を解説するとともに、その課題を解消するSaaS型PLMの優位性を解説する。中小企業の自動車関連メーカーでも導入・活用のハードルが低いSaaS型PLMのメリットを具体的に解説しているので、ぜひ参考にしてほしい。