業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

ソリッドワークス・ジャパン株式会社

レポート

ソリッドワークス・ジャパン株式会社

分断されたツールがコスト要因? 実データで見る統合プラットフォームの利点

部分最適による効率化が限界を迎える中、DXで成功している先進企業では統合プラットフォームによって大幅な改善を実現している。187社を対象とした調査を基に、ベストオブブリード(分断されたツール)の課題とその解決策を明らかにする。

コンテンツ情報
公開日 2024/03/01 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 18ページ ファイルサイズ 3.51MB
要約
分断されたツールがコスト要因? 実データで見る統合プラットフォームの利点
 グローバル環境での競争圧力が高まる中、製品開発部門や製造部門など、部門単位の効率化だけで競争力を強化していくのは難しくなりつつある。各部門でDXを目的としたツールが次々と導入される一方で、その運用を担うIT部門では部分最適によって分断されたツールの統合に時間と労力を割かれ、これがビジネス戦略を阻害する要因となってしまっている。

 かつてはポイントソリューションの組み合わせによるベストオブブリードが好まれる傾向もあったが、この手法では1つのタスクを改善するだけでも多大な労力が必要となる。DXで求められる効率性の実現や複雑化の解消に当たっては、設計から生産までの製品ライフサイクル全体を考慮し、統合プラットフォームを利用することが望ましい。

 実際、統合プラットフォームを利用している企業の99%が他のアプローチよりも優れた結果をもたらすと報告している。本資料では製造業187社を対象としたWebベースの調査を基に、ベストオブブリードにおけるコスト増大などの課題と、統合プラットフォームを利用した解決策を明らかにする。