業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

ダッソー・システムズ株式会社

技術文書

ダッソー・システムズ株式会社

EV開発を加速するために、開発手法の変革につながる「バッテリー」という視点

排ガス量の削減、資源消費の削減、より持続可能な社会のために、自動車業界ではEV(電気自動車)の注目度が高まっている。しかし、従来の開発手法では、イノベーションを創出するのは難しい。開発アプローチにも変革が必要だ。

コンテンツ情報
公開日 2024/03/28 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 1.59MB
要約
EV開発を加速するために、開発手法の変革につながる「バッテリー」という視点
 持続可能な車両としてEV(電気自動車)が注目されている。この旬な市場で優位性を得るにはイノベーションのペースを加速させる必要があるが、そのカギとなるのがバッテリーだ。走行距離や安全性、充電速度、バッテリー寿命、さらにリサイクル性の向上など、改善の余地はたくさんある。そして言うまでもなく、コスト効率も求められる。

 そこで提唱されているのが、従来と異なるエンジニアリングアプローチである、モデルベースの設計とシミュレーションだ。初期のプロトタイプ設計を改善することで、プロトタイプ作成とテストのコストを削減。加えて、反復作業の高速化、EV性能の最適化も実現できるという。

 ただ、設計段階から高度なシミュレーションを実施し、早期に再現度が高い初期プロトタイプを作成するといった環境を実現するには、従来のポイントソリューションの寄せ集めによる開発環境では力不足だ。本資料では、開発環境の刷新とともにバッテリー自体のリサイクル性を高めるLCA(ライフサイクル評価)ソリューションを組み込むことを、これからのEV開発の推奨事項として提案している。その理由を、本資料で確かめてほしい。