業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

NTTコミュニケーションズ株式会社

製品資料

NTTコミュニケーションズ株式会社

物流業界の「2024年問題」、解決のカギは運行情報/ドライバーの体調の見える化

時間外労働の上限規制、アルコールチェック義務化によって、早急な体制変革を迫られている物流業界だが、その実現に向けて解決すべき課題は多い。運行情報とドライバーの状況の「見える化」は、山積する課題解決の最短ルートとなり得るか。

コンテンツ情報
公開日 2024/04/11 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 1.33MB
要約
物流業界の「2024年問題」、解決のカギは運行情報/ドライバーの体調の見える化
 物流業界は今、間近に迫る「2024年問題」への対応に追われている。これは、2024年の4月から物流業界全体にも適用されることになった時間外労働の上限規制により、ドライバーの稼働時間が少なくなることで、物流が停滞したり、企業の売上が落ちたりして、企業・従業員・顧客いずれも大きな影響を受けることが予想されている。

 しかし、「荷待ち時間」や「空車回送」といった長時間労働の根本的な原因も解決できていない現状では、ドライバーの稼働時間減少への対応は困難であることは明らかだ。また、すでにスタートしているドライバーへのアルコールチェックの義務化、それを回避しようとするドライバーによる不正への対策も、業界全体の大きな負担となっている。

 そこで本資料では、物流業界が直面する2024年問題への対応課題と、その解決策を模索。中でも有効な対策が、運行情報やドライバーの状況の「見える化」と、その一元的な管理を実現するソリューションだという。その導入で、行き詰った現場をどう改革できるのか。