業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

NTTコミュニケーションズ株式会社

製品資料

NTTコミュニケーションズ株式会社

勤怠管理システムの活用が鍵、建設業界の「2024年問題」を克服するポイントは?

慢性的な人材不足に加え、「2024年問題」への対応を迫られている建設業界。業務効率化や生産性向上への取り組みが不可欠となる中、「勤怠管理システム」を活用した業務改善への期待が高まっている。その有効性と活用方法を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2024/04/11 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.87MB
要約
勤怠管理システムの活用が鍵、建設業界の「2024年問題」を克服するポイントは?
 働き方改革関連法の適用が2024年4月に迫り、時間外労働の是正が急務となっている建設業界。慢性的な人材不足の解消という観点からも、働き方や労働環境を大きく見直す必要があり、ICT活用による業務効率化や生産性向上といった取り組みが推進されている。

 その一例として挙げられるのが、「勤怠管理システム」による業務改善だ。紙のタイムカードを利用していると、どうしても事務所で出退勤を打刻する必要があったが、クラウド型の勤怠管理システムならスマートフォンなどのデバイスから簡単に打刻できるようになるため、現場からの直行・直帰といった柔軟な働き方が可能になる。

 管理側も、勤怠や給与、社員情報などの人的データを一元管理できるようになるため、人事業務の大幅な効率化が期待できる。さらに、勤怠情報をリアルタイムで可視化して従業員の労働時間を適切に管理することで、時間外労働の抑制にも役立てられる。本資料では、建設業界の「2024年問題」について詳しく解説するとともに、解決策の1つとして注目される勤怠管理システムの有効性や活用方法を紹介する。