業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

株式会社DNPハイパーテック

製品資料

株式会社DNPハイパーテック

製造業で拡大するクラッキング被害、アプリ保護に有効なセキュリティ対策とは?

従来の製造業は、独自仕様のハードやソフトの利用が多く、クラッキングには高度な技術が必要だった。しかし、汎用OSを利用するケースが増えた近年では、クラッキングの難度が低下したことでアプリのクラッキング被害が拡大している。

コンテンツ情報
公開日 2024/05/13 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 2.7MB
要約
製造業で拡大するクラッキング被害、アプリ保護に有効なセキュリティ対策とは?
 近年の製造業では、「アプリから機器を操作する」「ユーティリティーツールとしてPCソフトを提供する」といった、事業にアプリやソフトを活用するケースが増加している。しかし、それと同時に拡大しているのが、アプリやソフトを狙ったクラッキング(不正な解析・改ざん)の被害だ。

 従来の製造業では、独自仕様のハードやソフトの利用が多かったため、クラッキングには専門的で高度な技術が必要だった。しかし近年は、開発スピードを上げるために、WindowsやAndroidなどの汎用OSが使用されるケースが増えており、これによりクラッキングの難度が低下するという状況が生まれている。こうした中で、不正使用を防ぐドングルやライセンス認証などを採用している企業も多いが、アプリ自体へのクラッキング対策が行われていないと、十分なセキュリティ対策を施しているとはいえないだろう。

 本資料では、製造業におけるクラッキングの被害状況などを解説するとともに、アプリをクラッキングから保護する製品を紹介している。自社のアプリやソフトのクラッキング対策を強化するためにも、本資料をぜひ参考にしてほしい。