業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

日本アイ・ビー・エム株式会社

技術文書

日本アイ・ビー・エム株式会社

モノづくりのソフトウェア開発とハードウェア開発をシステムズ・エンジニアリングでスムーズに協調

ますます複雑化する製品開発では、課題が増える中、その課題を解決しながら、さらに、迅速な開発も求められています。ベスト・プラクティスとプロセス・サポートを迅速に導入し、全体を体系化し、日常の働き方の意義をさらに高める。そのようなことができるのでしょうか?

コンテンツ情報
公開日 2012/04/23 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 712KB
要約
 モノづくりはますます複雑化しています。製造業の企業の方々は、仕向け地別のグローバル対応が迫られ、生産性の低下、コストの上昇、納期遅延の発生などの課題が増える中、ビジネス目標も課され、さらに迅速なモノづくり開発ももとめられています。メーカーやサプライヤーなどの複数の企業が協力体制でモノづくり開発を進め、グローバルに拠点がまたがり、開発環境もさらに複雑になる中で、品質を向上させ、投資収益を早期に回収するといった、企業視点のビジネス目標の達成も必須です。部分最適を繰り返すだけでは、現在の課題を解決するには限界があるのではないでしょうか?

 モノづくりの開発ライフサイクル全体を長年のIBMの経験に基づいた、ベスト・プラクティスとプロセスサポートは、お客様のニーズや運用時のニーズに合わせて調整し、コラボレーションをよりスムーズにするための、フレームワークやツールでの自動化そしてサポートの提供もします。

 ここでは、お客様の求める、スマートな製品開発を実現し、課題解決をご支援する、システムズ・エンジニアリングとソフトウェア・エンジニアリングのためのIBM Rational ソリューションをご紹介します。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。