製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本アイ・ビー・エム株式会社

事例

日本アイ・ビー・エム株式会社

損保ジャパンのAI戦略を支えるディープラーニング基盤、その導入背景とは?

損保ジャパンでは将来を見据えた戦略の一環として、AIを使った見積書作成ソリューションを開発した。これを支えるのが、同社がオンプレミスで運用するディープラーニング基盤である。その導入の背景と、オンプレミス運用の理由に迫る。

コンテンツ情報

公開日 2018/05/24 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.07MB

要約

 損保ジャパンではAIの活用を進めている。その第1弾となったのが、見積書作成用の画像認識アプリだ。このアプリを使って他社の保険証券や車検証を読み取ると、AIによって自動的に自社商品の補償内容に置き換えられるという。これにより、ユーザーと代理店の両者がメリットを得られる仕組みを作り上げた。

 こうした損保ジャパンのAI戦略を支えているのが、ディープラーニング基盤「エッジAIセンター」だ。オンプレミスで運用されるエッジAIセンターは、グループ各社からクラウド上に収集されたデータを、ディープラーニング技術を活用してリアルタイム解析し、瞬時に経営に生かすことを目的としている。

 本コンテンツは、損保ジャパンのディープラーニング基盤導入の背景に迫るドキュメントだ。同社では実証実験を重ねるうち、ディープラーニング基盤に求めるパフォーマンスを得るためには、GPUを活用することが不可欠であることを知り、「環境セットアップの容易さ」「学習にかかる時間」「システムコスト」の3点から最適なシステム基盤を評価したという。

アンケート