製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

ホワイトペーパー

インフォアジャパン株式会社

レポート

インフォアジャパン株式会社

生産プロセスの中核を担うリーンにITを取り入れ、アップデートすべき理由

トヨタの生産方式から広がったリーンプロセスは世界の生産オペレーションの中核を担っている。だが、当時はITを生産プロセスから排除するなど、ITの欠かせない今日とかみ合わない面もある。今のリーン戦略はどのように変わっているのか?

コンテンツ情報

公開日 2018/11/15 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 472KB

要約

 トヨタの生産方式に着目して生まれたリーンプロセス。カンバンやカイゼンなどのビジネス用語は欧米にも普及し、今も世界中の生産オペレーションの中核となっている。しかし、リーンが生まれた当時からIT環境は飛躍的に進化した。モバイル機器を使ったオンラインポータルや、海外のサプライヤーとリアルタイムにコラボレーションできる作業環境など、当時には想像もできなかった世界だ。

 では、リーンはもう時代遅れなのだろうか。確かに、リーンを取り入れたパイオニアはプロセスの無駄を生むとして生産プロセスからITを排除したが、今日取り入れられているビジネスアプリケーションやデータアナリティクスはビジネスをリーンに沿ったものに変え、ERPもまた継続的改善を目指す点は共通している。

 それならば、リーンの概念を今のテクノロジーに合ったものにアップデートすればいい。そこで本資料では、リーンプロセスにITを取り入れたアップデートをどう実現すべきかを解説している。本資料を読めば、リーンが時代遅れでなく、変革の新たなフェーズに突入したことが分かるだろう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。