業界特化型 技術・製品情報サイト

  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

WP

インフォアジャパン株式会社

レポート

インフォアジャパン株式会社

自動車業界の5つの重要課題:市場や買い手の“読めない変化”にどう備える?

自動車メーカーやサプライヤーは、市場の変動や消費者行動の変化、追加関税といったさまざまな要因により、ビジネスの変化を強いられている。ここでは特に考慮すべき5つの課題をピックアップし、その対処法を考察する。

コンテンツ情報

公開日 2019/11/21 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 921KB

要約

 自動車業界では、人材不足や市場変動といった従来の課題に加え、追加関税などにより不確実性が高まり、メーカーやサプライヤーのビジネスにさまざまな影響が表れている。こうした状況の中、グローバルな貿易戦争で生き残るには、業界や消費者の変化を踏まえ、自社が解決すべき課題を把握することが何より重要になる。

 例えば、車の買い方における変化でいえば、最近は購入後にユーザー自身でカスタマイズしたいというニーズが高まっている。このことにより、従来はOEMにだけ部品を供給していたサプライヤーが、アフターマーケットへの供給に投資し始めているという。事実、ある調査によると、自動車アフターマーケットは2023年までに6600億ドルもの規模になるという予測が発表されている。

 本資料ではこうした「買い手の行動の変化」のほか、「グローバルな変動性の高まり」「新しいテクノロジーの影響」「動的なワークフォース」「自動車エコシステム」という、自動車業界を取り巻く5つの課題について考察する。激変する自動車業界の中で、これらの課題に対処するヒントを探っていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。