業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

アーム株式会社

製品資料

アーム株式会社

ASIC設計開発を効率化、多様なIPを低コストで試せる新たなライセンスモデルとは

これまでASICの設計や開発においては、IP(設計資産)を試すだけでも料金が発生することがネックとなっていた。この課題を解消するものとして、半導体メーカーだけでなく、OEM企業からも注目されている新たなライセンスモデルとは?

コンテンツ情報
公開日 2020/09/23 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 406KB
要約
 デジタルカメラや複合機、自動車、産業機器などの製品に搭載されている「ASIC」。独自の半導体設計によって自社製品の差別化を図り、競争力を高める上では有効な選択肢だが、その設計や開発においてはIP(設計資産)ライセンスがネックとなることが少なくなかった。

 従来のIPライセンスモデルでは、試すだけでも料金が発生するため、IPを自由に試したり、必要に応じてプロジェクトを開始/変更/中止したりすることは困難となる。そこで、この課題の解決策として注目されているのが、ライセンス取得前でもプロジェクトを開始できる新たなライセンスモデル「Arm Flexible Access」だ。

 このライセンスモデルでは、幅広いArm IP、サポート、ツール、サービスを低コストでまず使ってみることができ、ライセンス料に関しても使用したIPに対してのみ製造までに支払えばよい形となっている。本資料では、半導体メーカーだけでなく、OEM企業からも注目されているArm Flexible Accessについて、仕組みや料金体系、利用可能なサポート/ツール/サービスなどを詳細に解説する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。