業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

株式会社セールスフォース・ドットコム

製品資料

株式会社セールスフォース・ドットコム

コロナ禍で加速する化学・素材業界のDX、欧米企業との格差が生まれる理由とは

コロナウイルスの感染拡大を受けて、国内の化学・素材企業でもDXが推進されるようになった。しかし、その取り組みは途上であり、欧米企業と比べて大きな格差が生まれている。その背景には、デマンドチェーン領域での遅れがあるようだ。

コンテンツ情報
公開日 2021/09/03 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 5.41MB
要約
 コロナウイルスの感染拡大を受けて、国内の化学・素材企業でもデジタルトランスフォーメーション(DX)が推進されるようになった。しかし、研究開発や製造のデジタル化は進んでいるものの、顧客との接点である販売・サービスに関しては、欧米企業と比べて大きな格差が生まれている。データプラットフォームの導入成果も業務効率化にとどまるなど、ビジネスモデルの変革まで至っていないのが実情だ。

 これに対し、デマンドチェーンに注力してきた欧米企業は、市場調査の範囲拡大、部門間での顧客情報の共有、ソリューション営業への転換など、顧客需要を重視した全体最適の試みを続けている。この実現にはDXの中核であるデータ活用が必須であり、顧客情報をはじめとしたデータの蓄積・可視化のためのCRMの整備が不可欠となっている。

 本資料では、化学・素材企業が全社共通CRMを整備し、部門横断で顧客に価値を提供するための方法を紹介する。営業支援やフォーキャスト管理、オンライン展示会など、5つのケースごとにデータ活用のポイントを解説しているので、参考にしてほしい。