業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

株式会社スタディスト

製品資料

株式会社スタディスト

製造現場における技術伝承の“今”、新人への最適な指導方法とは

製造工程の変化に伴い、業務の単純化が進む製造業界。現場での指導は、単純化された業務をいかに素早く正確に吸収させ、より高度な業務に時間を割いてもらうかが重要になる。今の時代に最適な指導法について考えていく。

コンテンツ情報
公開日 2022/05/23 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 28ページ ファイルサイズ 2.29MB
要約
 従来、製造現場における新人指導といえば、OJTや先輩の仕事ぶりを見て学ぶ2つの方法が主流だった。しかし、従来の指導法では指導内容にばらつきが生じ、自己流で業務を行っているなどさまざまな課題が浮上している。このままでは後進に正確な技術が伝承できず、これまで培ってきたノウハウや技術が失われてしまいかねない。

 こうした状況を解消する手段として有力視されているのが、「マニュアル」の活用だ。これまでのようなヒトに頼った指導から脱却することで、先輩社員のOJT負荷を削減できる他、指導内容のばらつき解消も期待できる。ただし、マニュアルは「作成者によって分かりやすさが違う」「マニュアルだけでは作業イメージがつかめない」「専門用語、社内用語が分からない」などの理由で活用されない。

 本資料では、製造業の現場で“今”求められている指導の在り方を確認するとともに、それに合った指導法として注目されるマニュアル活用について解説するので、ぜひ参考にしてほしい。