業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

SDLジャパン株式会社(RWS グループ)

Webキャスト

SDLジャパン株式会社(RWS グループ)

依然として高い“言語の壁”、最新の機械翻訳はどこまで対応できるのか?

ビジネスの海外展開に当たっては英語以外の言語が求められる場面も少なくない。また、オフィス業務で海外と連絡を取り合う組織では、多くのスタッフで利用したいだけにコストは抑えたい。多様化するニーズに応えられる機械翻訳はあるのか。

コンテンツ情報
公開日 2022/07/06 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 37分24秒 ファイルサイズ -
要約
 業種や業態を問わず、ビジネスにおける国や地域の垣根はなくなりつつあり、国内でもグローバル事業を展開する企業が増えてきた。ただし言語の壁は依然として高く、海外でビジネスを成功させるためには、高品質な機械翻訳の活用が不可欠となっている。

 一方で、こうした機械翻訳へのニーズも多様化している。一般的なオフィス業務で海外とのコミュニケーションが発生するような部門では、全てのユーザーが機械翻訳を利用できることが望ましく、できるだけ低コストでの導入が求められる。また状況によっては、英語と日本語以外の言語への対応も必要だ。さらに、既存システムや業務アプリとのスムーズな連携が重視されるケースもある。

 本コンテンツでは、グローバル時代に求められる高品質な機械翻訳を実現する、「言語分野向けAI」を搭載したビジネス向け機械翻訳ソリューションを紹介する。クラウド版とオンプレミス版がラインアップされ、前者は主に中~大企業規模向けのライセンス形態となっており、後者はセキュリティレベル要件が高い企業・組織向けに位置付けられている。

※SDL Inc.およびSDLジャパンは2020年11月4日よりRWSグループに買収されました。