業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

株式会社スタディスト

製品資料

株式会社スタディスト

製造現場に浸透しないマニュアル、活用を促す仕組みづくりのポイントとは?

ヒューマンエラーの防止や機械稼働率の向上、新人指導の効率化のためにマニュアルを作成している製造企業は多いが、その「浸透」と「改善」が障壁となっているケースが目立つ。マニュアルの活用を促す仕組みづくりのポイントとは?

コンテンツ情報
公開日 2023/09/04 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 33ページ ファイルサイズ 2.57MB
要約
製造現場に浸透しないマニュアル、活用を促す仕組みづくりのポイントとは?
 あらゆる製造企業にとって、ヒューマンエラーの防止や機械稼働率の向上、新人指導の効率化は喫緊の課題となっている。これらの解消に有効なのがマニュアルだが、文字だらけで分かりづらかったり、探し出すのが難しかったりしていては、現場に浸透しなくなる。

 また、一度作成したマニュアルは業務内容の変更や改善に合わせて更新する必要があるが、なかなか実施できないという企業も多い。マニュアルの活用を促す仕組みを構築するには、まず格納場所のルールを整備し、どこに必要なマニュアルがあるのか分かる状態にすることが重要だ。さらに使わないマニュアルの格納場所を分けることで、探す時間が短縮され、業務効率化を実現できる。

 その上で、見やすさや読みやすさを重視し、適した表現でマニュアルを作成する必要がある。更新したら社内に通知し、マニュアルとの接触頻度を増やすことが望ましい。本資料では、マニュアルが社内で活用される仕組みづくりのポイントを3つ挙げるとともに、それらを実現するマニュアル作成・共有システムを紹介する。