業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

ServiceNow Japan合同会社

製品資料

ServiceNow Japan合同会社

AIと生成AIでフィールドサービスはどう変わる? 効果を最大化するための戦略

AIや生成AIは、フィールドサービス業務にも大きなメリットをもたらすといわれている。資産や機器の分析、作業指示書の作成といったオペレーションを、AIがどう変えるのか。またその効果を最大化するには、どうすればよいのか。

コンテンツ情報
公開日 2024/02/08 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 2.64MB
要約
AIと生成AIでフィールドサービスはどう変わる? 効果を最大化するための戦略
 製品のトラブル対応やメンテナンスといったフィールドサービスは、基本的に人が行う業務だ。だがそのプロセスの中には、ジョブステータスの更新やスケジュールの管理など、自動化できるタスクも多く存在する。これらにAIを活用すれば、技術者の生産性を向上させ、手作業を削減し、高度なタスクに時間を割けるようになる他、顧客にとっても問題解決が迅速になり、質の高いサービスを受けられるようになるなど、メリットが多い。

 特に、近年注目されている生成AIを利用すれば、資産や機器の分析、ナレッジベースの生成、作業指示書の作成といった業務が、格段に容易になる。ただし、生成AIの活用による成果を最大化するには、人/テクノロジー/リスクを中心とした、測定済みの戦略的アプローチを採用する必要がある。

 本資料では、フィールドサービスにおいて、AIと生成AIの活用がオペレーションをどのように変革するかについて、詳しく解説する。また、成功する生成AIプラクティスを構築するためのポイントについても紹介されているので、ぜひ参考にしてもらいたい。