業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

株式会社スタディスト

レポート

株式会社スタディスト

製造現場の指導者不足を解決、人材育成の仕組みを構築するマニュアル活用術

指導人材や教育時間の不足が課題となっている製造業界。その解決策として、業務マニュアルの活用が進んでいる。本資料では業務マニュアル活用の有効性を確認しながら、人材育成の仕組みを構築する方法を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2024/03/01 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 30ページ ファイルサイズ 1.62MB
要約
製造現場の指導者不足を解決、人材育成の仕組みを構築するマニュアル活用術
 人材不足が深刻化する中、社員一人一人の能力を高め、生産性向上を図ることの重要性がますます高まっている。しかし、人材育成や能力開発が進まないと悩んでいる企業は多く、製造業に目を向けると40%以上の企業が経営課題として認識している。

 そこで、その解決策として注目されているのが、業務マニュアルを活用した人材育成の仕組みづくりだ。製造の現場では、指導人材や教育時間の不足が大きな課題となっているが、業務マニュアルを活用することで、OJTなど人による指導の時間を減らしつつ社員を育てることが可能になる。それだけでなく、社内のノウハウが可視化され、属人化の解消や業務品質の均一化にもつながることから、業務マニュアル活用は組織の生産性の面でも効果的な施策となる。

 とはいえ、業務マニュアルの活用で確実に能力アップや生産性向上につなげるには、使いやすく分かりやすいマニュアルであることが前提となる。従来のマニュアルにありがちな「更新されていない」「文字だらけで理解できない」といった課題解決は必須だ。本資料では、業務マニュアルを使って人材育成の仕組みを構築する方法を解説するので参考にしてほしい。