業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

「株式会社スタディスト」のホワイトペーパー一覧(2ページ目)

株式会社スタディストの製品資料、技術資料は、無料でダウンロードが可能です。比較・検討は TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター をお使い下さい。

29件(11〜20件を表示しています)

製品資料

「時間がなくて教えられない」を脱却、マニュアルで新人の現場指導を効率化

“ヒト”に頼った現場指導は、指導担当者と新人社員の双方に大きな問題を引き起こす。その解決策は、“活用される”マニュアルの整備を進めて、新人が能動的に働ける環境を構築し、指導担当者の負荷を削減することにある。

2023/12/01

カテゴリ:
製造マネジメント
情報共有ツール
事例

宿泊業における人手不足を解消、4社の事例に学ぶマニュアル整備/活用の秘訣

人手不足が深刻な宿泊業界では、人材育成の仕組みを整え、採用人材の即戦力化や生産性を向上することが求められている。そこで重要になるのが、マニュアルの整備と活用だ。現場で使われるマニュアルのポイントや、その活用事例を紹介する。

2023/10/03

カテゴリ:
製造マネジメント
業務プロセス改善(製造業向け)
製品資料

製造現場に浸透しないマニュアル、活用を促す仕組みづくりのポイントとは?

ヒューマンエラーの防止や機械稼働率の向上、新人指導の効率化のためにマニュアルを作成している製造企業は多いが、その「浸透」と「改善」が障壁となっているケースが目立つ。マニュアルの活用を促す仕組みづくりのポイントとは?

2023/09/04

カテゴリ:
製造マネジメント
業務プロセス改善(製造業向け)
製品資料

製造現場における技術伝承の“今”、新人への最適な指導方法とは

熟練者の技術をどう継承すべきだろうか。「見て覚える」という昔ながらのやり方では、組織的な共有は困難だ。ISO認証など幅広く徹底したいルールも増えており、ヒトに頼らずとも新人に定型業務を吸収してもらえる指導方法が求められる。

2023/09/01

カテゴリ:
製造マネジメント
情報共有ツール
製品資料

なぜ新しいITツールは社内に浸透しないのか? DX推進を成功させるポイントとは

DX推進のためにITツールを導入したが、社内浸透しないケースは多い。対策には研修やOJTといった手段があるが、再現性が低く、従業員の理解度にばらつきが生じてしまう。そこで、マニュアルという視点から有効な対策を考えてみる。

2023/09/01

カテゴリ:
製造マネジメント
情報共有ツール
事例

問い合わせ件数を50%も削減、“活用される”マニュアルの秘訣とは

顧客からの問い合わせ対応は、件数の多さや回答品質のばらつきといった問題から、クレームに発展するケースも多い。根本的に解決するには、マニュアルの整備やFAQの拡充による顧客・従業員ともに「自己解決」できる体制の構築が重要だ。

2023/08/01

カテゴリ:
製造マネジメント
業務プロセス改善(製造業向け)
レポート

製造現場の指導者不足を解決、人材育成の仕組みを構築するマニュアル活用術

指導人材や教育時間の不足が課題となっている製造業界。その解決策として、業務マニュアルの活用が進んでいる。本資料では業務マニュアル活用の有効性を確認しながら、人材育成の仕組みを構築する方法を解説する。

2023/08/01

カテゴリ:
製造マネジメント
業務プロセス改善(製造業向け)
製品資料

マニュアルを“基盤”として、人材育成や業務実行管理を実現する方法

業務手順を分かりやすく伝えて教育コストの削減につなげるという、マニュアルの本来の目的を実現するにはどうすればよいのか。多くの企業が抱える課題を明らかにするとともに、作成・運用を改善するツールについて、その実力を紹介する。

2023/07/04

カテゴリ:
製造マネジメント
情報共有ツール
製品資料

現場に増え続ける海外人材に、スムーズな戦力化に役立つマニュアルとは

技能実習生をはじめ、海外人材は現場で不可欠な存在になりつつある。ただ、個々の日本語能力に差があり、口頭では教育が円滑に進まないという現状が散見される。OJTに頼らず戦力化できるようにするためのマニュアルとはどのようなものか。

2023/06/01

カテゴリ:
製造マネジメント
情報共有ツール

29件(11〜20件を表示しています)

貴社の製品・サービスをTechFactoryに掲載しませんか?
製品およびサービスの資料や記事を掲載することで、見込み顧客となる会員に情報を届け、
関心のある導入/購入の意思決定者の情報を獲得することが可能です。
記事や動画コンテンツの制作もご相談ください。