業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

「センサー」の検索結果一覧(1ページ目)

「エレクトロニクス」/「センサー」の資料は、無料でダウンロードが可能です。「エレクトロニクス」/「センサー」の比較・検討は TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター をお使い下さい。

33件(1〜10件を表示しています)

インフィニオン テクノロジーズ ジャパン株式会社

技術文書

インフィニオン テクノロジーズ ジャパン株式会社

スマートなモーションセンシングを実現する完全自律型レーダーセンサー

モーションセンサーをよりスマートにし一般的に使用されているPIR(受動型赤外線)センサーの代替品となる魅力的で高い費用対効果を実現するレーダーセンサーソリューションを紹介する。

2021/08/13

カテゴリ:
エレクトロニクス
センサー

オールデバイス株式会社

製品資料

オールデバイス株式会社

独自技術で微小圧計測に強み、医療分野で期待が高まる高精度センサーとは

機器の「知覚」を担うセンサーは、IoTや家電など幅広い分野で利用され、さまざまな用途に応じた製品が登場している。中でも近年、特に期待の高まる医療分野での活用を中心に、進化を続ける高精度センサーの詳細に迫る。

2021/05/21

カテゴリ:
エレクトロニクス
センサー

オン・セミコンダクター

技術文書

オン・セミコンダクター

LiDARの低電圧・低電力化を実現、SiPMベースの開発ポイント

携帯用距離計、車載用先進運転支援システムなど多様なアプリケーションで、直接ToF測距による光センサー技術「LiDAR」の採用が目立つようになった。その開発の成果を左右するフォトセンサー、中でもSiPMベースの導入法を解説する。

2020/11/02

カテゴリ:
エレクトロニクス
センサー

ターク・ジャパン株式会社

製品資料

ターク・ジャパン株式会社

メンテフリーなロータリーエンコーダー、"非接触式"の持つ強みとは?

さまざまな分野で使用されるロータリーエンコーダーは重要性が高いセンサーだが、激しい環境下で多く使用されるため、故障しやすいことが難点だ。そうした中、機械的メンテナンスフリーを実現したロータリーエンコーダーが登場した。

2020/03/30

カテゴリ:
エレクトロニクス
センサー

EE Times Japan編集部

プレミアムコンテンツ

EE Times Japan編集部

顔認識技術の不都合な真実 ―― 電子版2019年7月号

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版 2019年7月号を発行致しました。今回のCover Storyは、「半導体業界のトレンドは「3次元化」が明確に VLSI 2019」です。他にも、電子版先行公開記事「顔認識技術の不都合な真実」などを掲載しています。

2019/07/12

カテゴリ:
エレクトロニクス
センサー

EE Times Japan編集部

プレミアムコンテンツ

EE Times Japan編集部

正体不明のチップを解析して見えた、“オールChina”の時代

中国メーカーのドローンには、パッケージのロゴが削り取られた、一見すると“正体不明”のチップが搭載されていることも少なくない。だがパッケージだけに頼らず、チップを開封してみると、これまで見えなかったことも見えてくる。中国DJIのドローン「Phantom 4」に搭載されているチップを開封して見えてきたのは、“オールChina”の時代だった。

2019/05/17

カテゴリ:
エレクトロニクス
センサー

アイティメディア株式会社

プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

EE Times Japan×EDN Japan統合電子版第36号 Uber車の死亡事故、センサーは機能していたのか?

EE Times Japan、EDN Japanの人気記事、注目記事をピックアップし、雑誌形式でお届けする「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」。第36号(2018年5月発行)は「Uber車の死亡事故、センサーは機能していたのか?」「ドンキ“衝撃の1万円台PC”、影の立役者は中国製チップだった」などの記事を掲載しています。

2019/03/26

カテゴリ:
エレクトロニクス
センサー

33件(1〜10件を表示しています)

貴社の製品・サービスをTechFactoryに掲載しませんか?
製品およびサービスの資料や記事を掲載することで、見込み顧客となる会員に情報を届け、
関心のある導入/購入の意思決定者の情報を獲得することが可能です。
記事や動画コンテンツの制作もご相談ください。