業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

「日本電気株式会社」のホワイトペーパー一覧(1ページ目)

日本電気株式会社の製品資料、技術資料は、無料でダウンロードが可能です。比較・検討は TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター をお使い下さい。

15件(1〜10件を表示しています)

製品資料

「製造業のサービス化」をデジタル変革で実現するベストプラクティスとは?

「モノからコトへ」を合言葉に大きな転換期を迎えている製造業。業務プロセスのデジタル化を伴うサービス化によるビジネスモデル変革を実現するために必要なものとは? 変革のために準備すべきベストプラクティスを提案する。

2020/10/15

カテゴリ:
製造マネジメント
製造業向けERP
Webキャスト

“ハンズフリー”で安心安全な入退を実現、東新工業の顔認証システム活用術

ICカードを使って工場の入退管理を行う、そんな企業はまだまだ多いだろう。しかし、最近は“ハンズフリー”で入退できる「顔認証システム」を採用する動きが加速している。実際の活用法とその効果を短時間で分かりやすく解説する。

2020/10/13

カテゴリ:
製造マネジメント
その他ITソリューション
製品資料

安全性の確保や業務効率向上も 工場で顔認証や映像管理システム導入が進む理由

安心・安全な環境づくりや作業効率の向上を実現すべく、製造業の現場で顔認証や映像管理のシステム導入が進んでいる。入退室管理や勤怠管理など、利活用の幅が拡大しているというが、どのようなシーンで役立つのだろうか。

2020/10/13

カテゴリ:
製造マネジメント
その他ITソリューション
製品資料

「顔」と「虹彩」の組み合わせも エバンジェリストが語る生体認証技術の最前線

さまざまなシーンで活用されるようになった「生体認証」。近年は、複数の認証を組み合わせた「マルチモーダル認証」の取り組みが進むなど、その可能性はますます広がっている。生体認証の最前線と未来を、エバンジェリストが語った。

2020/01/24

カテゴリ:
製造マネジメント
その他ITソリューション
製品資料

マンガで分かる“顔認証”、導入/運用時にチェックすべきポイントとは?

入退室管理にICカードを用いる企業は多いが、管理コストや紛失リスクなどの課題もある。そこで利用が拡がっているのが「顔認証」だ。そのメリットや導入/運用時のチェックポイントについて、マンガを用いて分かりやすく解説する。

2020/01/24

カテゴリ:
製造マネジメント
その他ITソリューション
製品資料

顧客対応や入退管理を最適化、マンガで分かる「顔認証システム」の環境構築術

オフィスの入退管理や来店した顧客情報の共有など、活用の幅が広がる顔認証システム。その利用シーンをマンガで分かりやすく解説するとともに、カメラの設置方法やシステム要件など、導入効果を最大化するための5つのポイントを紹介する。

2020/01/24

カテゴリ:
製造マネジメント
その他ITソリューション
製品資料

インターフォンで未登録者にも対応可能、最新「顔認証システム」の実力とは?

生体認証の中でも、特に利便性が高いことからニーズが高まっている「顔認証」。現場の運用性を考慮して使いやすさを向上させたインターフォン付き顔認証入退ソリューションについて、メリットや具体的な利用シーンを分かりやすく紹介する。

2020/01/22

カテゴリ:
製造マネジメント
その他ITソリューション
事例

ICカード管理の煩雑さを軽減、セキュリティも強化する入退室管理の仕組みとは?

入退室管理に活用されているICカードだが、管理が煩雑になることに加え、簡単に「貸し借り」できるため、なりすましが可能でセキュリティ対策としては限界がある。こうしたICカードによる入退室管理の課題を解消する方法とは?

2019/03/15

カテゴリ:
製造マネジメント
その他ITソリューション
事例

外部侵入者対策と入居者のひとり外出対策、介護施設の課題を解消した手法とは?

介護施設では、第三者の侵入対策や入居者のひとり外出への対策が欠かせない。しかし、これらを職員が24時間体制で行うには負担が大きく、安全上の問題もある。こうした課題を解消した、社会福祉法人福音会の事例を紹介する。

2019/03/15

カテゴリ:
製造マネジメント
その他ITソリューション

15件(1〜10件を表示しています)

貴社の製品・サービスをTechFactoryに掲載しませんか?
製品およびサービスの資料や記事を掲載することで、見込み顧客となる会員に情報を届け、
関心のある導入/購入の意思決定者の情報を獲得することが可能です。
記事や動画コンテンツの制作もご相談ください。