製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

「EDAツール」の検索結果一覧(1ページ目)

「エレクトロニクス」/「EDAツール」の資料は、無料でダウンロードが可能です。「エレクトロニクス」/「EDAツール」の比較・検討は TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター をお使い下さい。

16件(1〜10件を表示しています)

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社

技術文書

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社

プリント基板設計の電気的サインオフに欠かせない8つのチェックとは?

電気的DRC(デザインルールチェック)を自動化すると、プリント基板(PCB)設計検証をより速く、より高いコスト効率で実施できるようになる。使用中のPCB設計ツールや経験年数を問わずあてはまる8つのチェック項目とは何かを解説する。

2019/03/01

カテゴリ:
エレクトロニクス
EDAツール

アイティメディア株式会社

市場調査

アイティメディア株式会社

電気設計の現場で深刻化する技術伝承、ツールの重大性も増大

製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」では、2018年7月に製造業における「電気設計者の課題」に関する調査を実施した。調査では、問題視されている課題や課題解決の手法、ツールへの期待などが明らかになった。

2018/10/11

カテゴリ:
エレクトロニクス
EDAツール

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社

事例

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社

ボッシュが実証した高位合成の威力。高性能車載プロセッサIPの新しいデザインを納期予定よりも7か月早く市場投入できたその理由とは?!

運転支援と自動運転の技術革新を進めるボッシュのVisiontecチームが、実プロジェクトで高位合成技術を活用した事例を紹介する。狙った通りの仕様を満たしつつパワーを全体で30%も削減しながら、どうやってスケジュールよりも短期間で車載IPの市場投入を実現したのかを紐解く。

2018/01/29

カテゴリ:
エレクトロニクス
EDAツール

アイティメディア株式会社

プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

「シリコンが帰ってきた」――高まる電子設計と機能検証の重要性

現在の技術トレンドである自動運転や人工知能などはハードとソフトが密接に関係しており、その開発の困難さは増している。効率的な開発を行うための設計と機能検証はどう行うべきか。日本ケイデンスのユーザーカンファレンスより紹介する。

2017/12/07

カテゴリ:
エレクトロニクス
EDAツール

アイティメディア株式会社

レポート

アイティメディア株式会社

山積する電気設計者の課題、解決は「標準化」「教育」「ツール活用」にあり

製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」では、2017年7月に製造業における「電気設計者の課題」に関する調査を実施した。調査では、問題視されている課題や課題解決の手法、ツール群への期待などが明らかになった。

2017/10/02

カテゴリ:
エレクトロニクス
EDAツール

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社

事例

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社

NVIDIAが実証!設計時間を半減し、賢くスマートな設計を実現する高位合成

NVIDIAのビデオチームが高位合成フローを導入し、Tegra X1とGPU GM20xのビデオデコーダ、JPEGエンコーダ/デコーダを含む複数のマルチメディアハードウェアブロックの設計と検証に成功。設計時間は50%、検証を含む開発総時間は40%、短縮した。

2017/09/01

カテゴリ:
エレクトロニクス
EDAツール

日本シノプシス合同会社

技術文書

日本シノプシス合同会社

USB Type-Cの実装に関する3つの課題とその対処

最新のUSB Type-C(tm)規格では、今後の15年間を見据えて高い拡張性、堅牢性、使いやすさを備えた新コネクタが定義されています。2014年の仕様発表からわずか数ヶ月で複数の製品が登場しており、これまでのUSB規格の中で最も急速に採用が広がっています。USB Type-Cをネイティブにサポートした製品およびSoCの設計における課題と解決方法について、シノプシスがご提案します。

2016/05/01

カテゴリ:
エレクトロニクス
EDAツール

16件(1〜10件を表示しています)

貴社の製品・サービスをTechFactoryに掲載しませんか?
製品およびサービスの資料や記事を掲載することで、見込み顧客となる会員に情報を届け、
関心のある導入/購入の意思決定者の情報を獲得することが可能です。
記事や動画コンテンツの制作もご相談ください。